その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非常にご無沙汰しました。

人の噂も75日というけれど、今回もそろそろ飽きられたようでマスコミの関心からはほぼ外れつつあるけど、世界のトップ企業でも「結局そうだった」という事実は消費者の頭にはしっかり刻まれたことでしょう。
製造者責任・使用者保護が当たり前になっているけれど、使用者の自己責任というのはないの?とも思うけど安全安心を売りにして拡大してきた売上げは小さな芽を隠す、潰すのではなく拾って育てるべきだったんだろうね。

どんなに高性能な機械でもそれを作るのは所詮人間。人間の考え得る範囲は形に出来るけど、考え付かないことは出来ない。機械は人間より決められたことだけはより性格に迅速に大量にやってのけるけど、その決め事を作るのは人間。
完璧な人間はいないわけだから、完璧な機械ってのもありえない話なんだけどね。感覚に依存する話ならなおさらでしょう。

でも今回は国内では擁護論も多かった気がするし、マスコミも当初の取り上げ方から変わって行ったような気がするのは国の力もあったのかな?たしかに世界のトヨタが大打撃を受け、更に不買運動なんてことになると見せしめレベルでは終わらず、一企業の問題から一国の経済を揺るがす事態になりかねなかったからね。

しかし昔から売上げが悪くなるとリコールを隠して対策で済ませようという方向になってしまうようね。かつてはバブル後からスバル、特に三菱の事件は記憶に新しいでしょう。でもその頃から前も書いたかもしれないけれどトヨタもある車種で燃えるとかアクセルが戻らないのにリコールを出さないことは普通にあった。そんで三菱がマスコミに火達磨にされている裏で、トヨタ日産も本社の人間が全国のディーラーを回って青い顔して整備記録を洗いなおしていたもんです。ひと段落付いてリコールを出しても正直なのは安心だ的な風潮になってからひそかに大量にリコールを出していたよね。そりゃそうだ。技術力なんてそんなに変わらないんだから販売店が多く販売台数も多ければ不具合もひときわ多いはずなのだから。
なのに景気にブレーキがかかり新車の販売台数が落ちてきたところにリーマンショックの追い討ちでまた同じ轍を踏んでしまった。

一度失った信頼を取り戻すことは大変なのはわかっているはずなのに・・・

たしかに操作方法によるところが大きいグレーな症状なんだろうけど、「お客様目線」を謳うなら技術的な説明で説得するのではなく本気で迅速に対応していただきたい!ってこども店長も言っていると思うよ。

今は新車も中古車も絶滅しかけのよほどの車好き以外の圧倒的多数は、商品は良くて当たり前、アフターサービス・使用環境・企業姿勢も含めて商品を選んでいるんですよ!

スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

久しぶりに金曜日で月末最終日の登録事務所に行ってきた。
東京郊外の陸事だけど検査コースも登録も空いてたね…。
11:45でも登録の建物の入り口の外までぞろぞろ行列が出来ていた頃がとても懐かしい。

普通車だけかと思っていたら軽陸も空いてたね。
数日前に行ったとき車検は混んでたけどね。

まだまだ頑張ってるお店も多いんだけど、やっぱり厳しいのかね~…

先日、野田の大きなオークションに行ったときは記念開催というのもあってか、出品台数も多かったんだけどそれにもまして凄い成約率だったんだけどね。
昼過ぎくらいまでしかいなかったけどポンコツ事故車から数百万の高級外車まで売れる売れる、見てる限り7割くらい成約してる感じだった。

…なのに、なぜ登録されないの?

中古車はだぶついていた在庫が相場を下げたから売れているという噂も聞くんだけどね~。
減税対象車で新車販売が少し戻したおかげで良質な中古車もいくらか増えてきた、とも…

相変わらずで在庫集め一所懸命だったりなのか!?

ところで減税対象車ってオトクなの?買い時なの?

これ…近々やりましょう。


テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

4月になりましていよいよ新年度。

新社会人や新生活と車の需要が増えて・・・というのも今や昔の話。


都心ではカーシェアが爆発的に人気になってきて、某買取店グループでは画像販売が買い取りや設備投資の大赤字を大幅に解消するぐらいの爆発的な利益UP、と車業界の環境も大きな変化が出てきてます。

ユーザー側の意識・動向はだいぶ変わってきているけど、販売側はどうでしょう?

まあエリアによって特性が結構違う車業界、調子よいとこはいいみたいだけど。
忙しくて仕方ないという悲鳴も聞こえるし・・・(もちろん小規模だけど)

新車はやはり厳しいトコが多いみたいね。

中古も全国的には落ちてるようだけどね。

でも売れセンは事故でも過走行でもいいから、安いやつ・・・とのことだけど、車に対する付き合い方や価値観も多様化しているから、求める完成度や気にする部分にも変化がでてるのかな~?

それとも単に価格だけであまり考えない人が増えてるのかな・・・・・・

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

お久しぶりで~す

これだけ情報が発達した世の中でなぜ粗悪な物を扱うお店が生き残れるのか?

それは買う人がいるから?

ある意味正解。

 もちろん商品がかなり割安に見える(本当はそれなりか割高)というのも一因だろう。
でもそれ以外にも理由があるのよね。

50%理論?
 昔から目明き千人目○ら千人 などの言葉があるらしいが、世の中の意見や評判は長期的に見ればほぼ半々というハナシ。
 何かに対して支持もいれば不支持も必ずいるってことだね。自分の意見に賛成の人がいる反面、必ず反対の人もいるでしょ!?

 そういう人間の行動学に加えてもうひとつ重要なことがある。前にも書いたけど車って機械だから予想はできても、正直わからない部分もあるってことね
 粗悪車でも必ず壊れるわけではないってこと。もちろん整備もされてなくても・・・。たまたま大丈夫な車も中にはあったりするんだよね。(もちろん故障リスクはとっても高いよ!)
 あと調子悪い車の判断ラインも人によって違うからね。(気にしない人は気にしない)

 そうすると焼畑農業みたいにテキトーな車をテキトーに売ってテキトーなフォローしかしない商売でも、悪評が高まる一方で好評も存在していたりする。ハズレを引くまではリピートする人がいたりもする。
 たまたま車が壊れなければ安いと思い込まされている分、価格的にはロイヤリティ(お店に対する忠誠心)が高まっていたりするからね~。

 クレームに使うエネルギーが足りないとかもったいないとか考え始めると、価格も上がり普通の商品内容の普通のお店になるところはなるし、サイドビジネスで無茶してお金に困り共倒れで倒産とかはあるけど、相変わらずこんな時代でも強気に攻めているところは攻めているね~。

 消費者センター出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 公取も、出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 弁護士出てきて訴訟だよ! でもそんなの関係ねえ!


憎まれっ子世にはばかり・・・・フェ~イ!!

押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

こんな話がありました。

彼は車を探していました。いろいろな車屋に行ってました。
(その時は1BOXを探していた)

彼は地元の知人にも話していました。そのうち地元の先輩にある車屋Aを紹介してもらって遊びに行きました。どんなの欲しいのか?と聞かれて彼は黒いある大型セダンを100万位で探していると答えてました。

少しして彼は結局別の車屋で店頭にあった1BOXを買いました。(その当時、車が壊れて車検も切れていたので実は何でもよかったようだ)

しかしその車が納車されて間もなくすると彼に車屋Aから連絡が来ました。(車が入ったから見に来てくれという連絡であろう)ところが断りづらかった彼はバックれていました。すると先輩が彼の家に来て半分拉致のような感じで車屋Aに連れて行かれ、車を見せられました。(もちろん夜)そこで「お前のために仕入れてくれたんだから買うのがスジじゃないのか?」「頼んだからにはスジを通せ!」と言われ(言いがかりだけど・・)、親まで呼び出されて責任を取れと脅されて(囲まれたそうだ、モロ脅迫)その車を買ってしまいました。

1回見せてもらいましたが黒っぽいけど黒ではなく深緑ツートンの車で後ろ半分修理するくらいの大事故車。さらにメーターは7万手前でしたがどう見ても15~20万kmのくたびれた状態(実際走行不明車だった)でした。車が車なので知人等にも売りづらく結局二束三文で処分しました。

大変ですね~

ところで彼らはなぜタコ殴り寸前の脅迫を受けて警察や消費者センターに頼らなかったのだろうか?

この件は巧妙な部分があり、脅していたのが先輩というところがポイント。間に入ってはいるけどお店の人間では無い(紹介料などは貰っていただろうけど)。しかもその先輩はヤクザでもなくただのチンピラだったこと。そうなると組織や団体が関係ないので統率されておらず、逆に警察も逮捕も怖くないので滅茶苦茶でやりたい放題なのだ。

例え警察でその場は何とかなってもその後も長い間全く解決しなかっただろう。法で排除できない連中とつきあってた、ちょっとだらしない彼の不始末を考えて買うという選択で話をつけたのも短時間で解決する賢い手段だったかもしれない。

車屋Aも説明義務は怠っているし勝手に車は仕入れるしとロクなお店じゃないけど暴利というわけではなかった。まあ、そもそもの探している条件に無理があったので予算でいくとこんな車になってしまうのだが・・・

まあこれは極端な例え(実話だけど)だけど

お店選びはしっかりしよう!


押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

売れない展示の悲惨なスパイラルは誤解から始まる。
 
最近移動中に屋を見かけると、どこもほとんど展示が売れているそぶりが見られない。つやの無くなった体で色あせたPOPのついた展示がズラリと並んでいる割には、売約の札はあまり見たことが無いのだ。

そもそも資金に余裕がないのもあるので、在庫を展示する商売は全く考えないが(どんなに宣伝してもそれでお客様が集まるとは思えないから)、もし並べるなら何を置くだろうか考えてみた。

・・・う~ん、全く思いつかない

オークション会場でたくさんのいろんな車を見ていても思いつかない。

どこを探しても無いような車を置いて、広告を出して北海道から沖縄からお金に糸目をつけないで買いに来る人を待つ~??

でもこんなの逆に売れるまでの時間がかかりすぎるから、完全な趣味でコレクターとしてなら別だけど、採算を考えたら絶対健全な事業にはならないよな~。

これを並べたら集客も抜群で採算も取れる車なんてあるか~?

永年の現場経験からして今やこれも絶対無い
あったらどこでもやってるしどこでも売れてるはず・・
いんちきでもしない限り人気車種でも在庫を抱えたら無理だ。
そもそもお客様にかぶってもらう経費をわざわざかけてまで展示車を並べる意味があるのか?注文貰ってから仕入れた方が無駄がない分安いんだからお客様にもメリット大きいだろ!

じゃあなんで展示車置くの?

・・そこに誤解がひとつ

展示車がないとお客様が来場しないと売り手側が勝手に思い込んでいるから。

現実にお客さんが入ってくる可能性はあるけど、それが売れる可能性は決して高くない。今はいいものやどうしても欲しいものにはお金を余計に出しても、ちょっとでも希望と違えば財布は固く興味さえ示してもらえないケースが多いからである。単なる広告ツールとしてなら展示車はかなり不経済である。

・・でもオークション会場では早朝から同じ会社の仕入れチームが同じブルゾンを着て集まって真剣に出品車の一覧とにらめっこ。かなり熱が入っている。そして夜遅くまでず~っと頑張っている。

でも何を基準に車種を決めているの?

ここにふたつ目の誤解が・・

自分のお店や仲間のお店で売れてる車を基のデータにしている。

でもそのお店で売れてる車ってタマタマ雑誌やサイトで問い合わせが来て、これくださ~いって売れちゃうこともあるけど、長いこと置いてあってどうしようもないやつを店頭の営業マンが生活していくために、タマタマ来たお客様に提案に提案を重ねてノリや値引きも駆使して、タマタマやっと処分できているものも少なくない。ただお店としては売れた車としてデータが残るのだ。
タマタマ長い間満足するお客様もいるがノリで買ってしまったとすぐに気づく人も多い。そんな人はリピートもしない。

でもこんなにタマタマが重なっていても、売り手側の勝手な思い込みで仕入れられる。そしてなかなか売れない展示車がまた増える。


売れない展示車は時間とともに値段が落ちていく。店頭で売ってもオークションで売っても下手すれば10万や20万の赤字を簡単に被る。でもまた似たような展示車が入ってくる。また売れない。・・・の繰り返し。

・・・・どMなのか!?

車屋は寄付やボランティアで運営されている中古車を世の中に広める団体ではなく、利益を出すための企業なのでそういう悲惨なスパイラルのしわ寄せの半分は最終的に消費者であるアナタがかぶることになっているのである。(残り半分は車屋自身の破滅へのカウントダウン)


でもお客様の利益を本気で考えられない変われない企業は、ここ数年以内に間違いなく自滅などで淘汰されていくであろう。そりゃそうだ、支持されるわけがないもの。そのときにメーカー系中古車屋など現在採算度外視で資本投下している車屋しか残らなかったら独占状態になり、そのときに中古車やサービスの価格が吊り上げられる可能性もあるのよねん。

頑張れ中古車専売店!

そして今すぐ目を覚ませ!

なるべく押して~!→



相談はこちらにどーぞー http://kurumakuma.web.fc2.com/soudan.htm











テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。