その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
粗悪車の話


事故(修復歴有)や走行不明(メーター改ざん)、水没、ひょう害、色替え粗悪車だろうか?

これらは状態が全て正確に提示(伝えられる)されるのであれば、程度が落ちる車ではあるが粗悪車ではない。

用途によっては部品取りだったりオブジェだったり近所限定の足だったり、もしくはとにかく動けばまっすぐ走らなくてもいい(ドリフトしかしない)など、ニーズによってはそれ相応の低価格ならば「買い」の車もあるかもしれない。


ところがこの手の車は、大半が見かけだけ良くして状態を偽って売られているケースが多い。だから金額と見かけだけで安いと思って飛びついても、実際は金額相応の状態の車であったりむしろ割高な買い物をする恐れが大いにあるのだ。

正しい情報が明確にされていて納得の上で手を出すのであれば、それは個人の責任でリスクを取ればいいだけの話であるが、状態を把握できる力があり相当の覚悟ができるのでなければうかつに手を出すべきではない。
車はしょせん機械。新車でも平気でトラブルは出るのだ。中古車も同様である。仮に高額だったとしても安心できてノートラブルということはない。だから通常は少しでもトラブルの可能性が低そうな車を選ぶ必要がある。

それには見えない部分の状態が重要である。

粗悪車の状態偽りのパターンはだいたい

①メーター不正

②修復歴不正

③水没歴・盗難歴等の隠し

④①~③の融合

と、言う単純なものであるが、どれもぱっと見ではわからない。

人気車は特に注意が必要である。

次からは不正の一個一個をみていくよ。


うむむむ~ん、押して~→





相談はこちらへど~ぞ~ http://kurumakuma.web.fc2.com/soudan.htm

スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。