その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中古車保証について ラスト

パターン④現状販売と称する保証なし

これは保証なしなので、その名の通り一度納車してお店から出たら全く無償修理はできませんよ、というもの。

本来は現状販売とは言っても、しばらくの初期不良は看なくてはいけないというような法的解釈もあるようだけど、この業界に関しては全く無償修理はなしと考えておくこと
整備をした場合その部分に関してのみクレームが効く場合があったりもするが基本的に一切のクレームは効かないと思ってた方がよい。

これは金額に依らない、高額でも低額でも同じである。

中には悪意で粗悪車をそのように販売することもあるだろうが、悪意でなくても大きな修復歴や水没歴や旧車、改造車、輸入車など故障のリスクが高い車両の場合は、そのリスク分を購入する側が負担することによって普通の状態の車より低価額(割安)で手にすることができたりする。

つまりリスクを考えない分利益を減らして低価額販売しているのだが、価格競争の中でそれが店頭相場になっているケースも多い。

これは買う側が常にリスクを考え無くてはいけない状態。でも消費者の多くはそんなことは考えない、と言うか知らない。
購入時に売り手によってどこまで理解させてもらえるかも不明。


だけど実際に車体価格0~30万くらいまでの車両にどうしても保証をつけるとなると、場合によっては10万以上の保証料が必要だろうし、高額(100万以上)なものでも輸入車などは50~100万の保証料が必要なケースもあるだろう。
でもそんな保証料を払う人や車両状態が同じ位なのにその保証料分ぐらい割高な車を選ぶ人がいるかと言うとほぼいないといっていい現実、裏を返せば価格のみで車を選ぶというニーズを持った人がまだまだ多いと言う現実がある。
そうすると結局保証を外してでも現在ニーズのある価格のみ追求した売り方のお店がまだまだ多いということになる。

結論としては保証のない車が悪いと言うわけではない(そういう形でしか手に入らないような種類の車もあるし・・)が、購入する場合はノークレーム・ノーリターンなのでそれ相応の相当な覚悟をすること。できない場合は購入をあきらめること

全て自己責任でリスク管理ができないならば手を出さない!

ま、言ってしまうと運もあるけどね・・・
何もトラブルが出ない場合は出なかったりもするけど・・・




押してちょーだい♪→
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。