その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わお!今月まだ全然書いてなかった・・・

買取ってどこが高いの?

最初に極論を言ってしまうと個人売買なんだけど、個人売買の項目でも書いた通り問題やリスクも多い
どうしてもと言う場合でも、普通の買取で値段は付かないが車検も残っていて、使用上問題がないという車を数万円くらいで販売すると言うような場合に限った方が無難だろう。

ではお店に売る場合はどうなの?

新車ディーラー・買取店・中古車店・代行屋さん、各々やり方が違うようにも見えるけど・・・

まず買取店。いわずと知れた業者用オークションの相場を基に値付けされる
この業界も非常に成熟しきってしまっていて競争が激しいので、最初からかなりいい数字を言ってくる。
その代わりに粘ってもほとんど上がらない。何件回っても同じ。
しかしあまり損をすることなく(得もしないが)ほぼ最良の価格で売ることができる。

次に代行屋さん。基本的には同じ。
だけど希望価格に達しないで何度も出品してるとその分の経費がかさんで損するかも。

続いて中古車店。これも基本的には同じ。
何故か?それはどれもオークション相場を基にしているから
下取りだと若干プラスがあるかも知れないな。

最後に新車ディーラー。ここも最近はオークション相場を基にするところが増えたね。
ただしひとつ注意が必要。下取り(乗り換え)で話をしていると、どう頑張っても商品価値0の車に数十万円、値段が付くものでも2~30万UPの値段が出てきたりもする。
これは新車の大幅値引きや対策費用が混ざってしまうから。
売るだけだといくらになるのかを必ず聞いてね
純粋な買取価格を知らないと、逆に割高なままの状態の新車をまんまと買う羽目になっちゃうよ。トータルで考えてね。


次回は「直接だから高く買って安く売れる!」は実は全くのウソ!


押してちょーだい♪→
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

アフターの整備や修理は自社工場付のお店の方がいいのだろうか?

いきなり結論を言うと、「そうでもない」

はっきり言っちゃうと思い込みやガセ。

でもダメなわけじゃないよ!
ただ自社工場でも提携工場でも基本的には変わらないということ

自社工場完備!・・って響きはいいけどね。

何故かと言うと、提携工場であっても同じとこで診るケースが多いから、整備士もその車を覚えていたりするし、運輸局の指定や認証を受けている工場がほとんどだからだ。

逆に自社工場でも指定や認証を受けていないところも多いからね。

それと自社工場って言っても全部自社で対応できることは少ないよ

例えば、エアコンやオーディオ関係は電装屋やメーカーに出すことが多い。時間がかからない作業はやったりするけどね。技術と言うよりは効率の問題で外注する。

板金工場が無ければ作業は板金屋へ外注。

カスタムやチューンは専門のショップに出すケースが多いよ。

手に負えないものや時間の都合で他社工場へ外注することもある。

これはメーカー系のディーラー工場でも一緒。
そうなると自社工場無しとさほどやってることに差はない

お店は営業してても工場は休みなんてこともあるしね。
メリット、デメリットもほとんど変わらない。

そして自社工場は諸刃の剣、実は大きな問題になりかねない。

何故かと言うと・・・経費が結構かかるんだよぉぉ!

設備、光熱費、家賃・・・そしてなにより人件費が大きな負担になる。

自社工場の維持運営は結構大変で、その分の経費は結局お客様に負担が回るケースが一般的。
維持運営の経費が工賃だけでまかなえないと、車輌価格のマージンの部分で見込まなくてはならないので、車輌価格に反映される可能性もある

逆に提携工場だと維持費は考えなくてもいいからね。経費は削減できる。

看板やフロントの人間は車屋の名前でも工場そのものが下請けで資本関係も何にもない会社がやってるケースもあるよ。


と、いうわけで自社工場があってもなくてもどちらが上でどちらが下ということも無いよ

車は機械だから物理的理由の可能・不可能はあったりするけど、大切なのはお店や担当営業の対応の姿勢次第ということ。



押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。