その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりで~す

これだけ情報が発達した世の中でなぜ粗悪な物を扱うお店が生き残れるのか?

それは買う人がいるから?

ある意味正解。

 もちろん商品がかなり割安に見える(本当はそれなりか割高)というのも一因だろう。
でもそれ以外にも理由があるのよね。

50%理論?
 昔から目明き千人目○ら千人 などの言葉があるらしいが、世の中の意見や評判は長期的に見ればほぼ半々というハナシ。
 何かに対して支持もいれば不支持も必ずいるってことだね。自分の意見に賛成の人がいる反面、必ず反対の人もいるでしょ!?

 そういう人間の行動学に加えてもうひとつ重要なことがある。前にも書いたけど車って機械だから予想はできても、正直わからない部分もあるってことね
 粗悪車でも必ず壊れるわけではないってこと。もちろん整備もされてなくても・・・。たまたま大丈夫な車も中にはあったりするんだよね。(もちろん故障リスクはとっても高いよ!)
 あと調子悪い車の判断ラインも人によって違うからね。(気にしない人は気にしない)

 そうすると焼畑農業みたいにテキトーな車をテキトーに売ってテキトーなフォローしかしない商売でも、悪評が高まる一方で好評も存在していたりする。ハズレを引くまではリピートする人がいたりもする。
 たまたま車が壊れなければ安いと思い込まされている分、価格的にはロイヤリティ(お店に対する忠誠心)が高まっていたりするからね~。

 クレームに使うエネルギーが足りないとかもったいないとか考え始めると、価格も上がり普通の商品内容の普通のお店になるところはなるし、サイドビジネスで無茶してお金に困り共倒れで倒産とかはあるけど、相変わらずこんな時代でも強気に攻めているところは攻めているね~。

 消費者センター出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 公取も、出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 弁護士出てきて訴訟だよ! でもそんなの関係ねえ!


憎まれっ子世にはばかり・・・・フェ~イ!!

押してちょーだい♪→
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。