その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人売買というと忘れてはいけないのがネットオークション


中でも代表的なYAHOOオークションはその出品数は相変わらず多い。
最近は20万以下と超レアしか売れなくなったと業者のぼやきも聞こえるが、まだまだ「ヤフオクは穴場!」という悪徳業者の言葉も聞こえてくる。

何の話かというと粗悪車販売の話である。
ヤフオクは超レアの仕入れや販売にはどんな業者も利用するが、業界関係者の評価はの質に関しては低い、というより悪評が高い。
ヤフオクは業者の出品が多いのは出品内容を見れば一目瞭然だけど、なによりメーターに関しての厳しい申告などはなく自己申告のみで両検査もない。故に悪の温床になっている。

走行キロ数が少なくて金額が低ければ一般の人は喜んで飛びつくので、メーター改ざんや修復歴偽りのはむしろ売れやすい
そこでプロと素人役で連携したり、プロが素人を装うことによって、大っぴらに粗悪車を売るという詐欺行為が堂々と行われている。
まずプロが業者用オークションで仕入れる、次の人間が10万キロ以上のメーターを5万キロ以上戻す(もしくはわざと走行不明車を仕入れる)、それを次の人間がヤフオクに出品、そのまた次の人間が配送というようにリレー形式で分担してグループで行うか、社員が素人の一般人として出品する。
ヤフオクの出品者の注意事項の中にメーター交換に関して記述のあるものはあれだけの台数(日本最大の現車オークションに匹敵)ながらまず見かけることができない

もちろん現車確認をするに越したことは無いが、基本的にノークレームノーリターンなので、相当な目を持っている人でないとあまり意味が無い。

メーター不正なんかは通常の場合は発覚が半年以内なら返却できるが、個人ゆえにうやむやにされたりバックれられるケースもあり、白黒つけるには時間とお金をかなり要すことになる。

前回も書いている通り自分で全てのリスクをとるという前提の下でやること。不具合が出たり不都合があってもそれは全部自分の責任。

リスクを取ることによって初めて安く手に入れられる可能性が出る。

リスクをなるべく取りたくないならやらないこと。


押してちょーだい♪→
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kurumakuma.blog84.fc2.com/tb.php/29-08d98856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。