その車!買う前に! 元店長が業界暴露

完全な趣味ですが悪の蔓延る中古車業界浄化のために立ち上がりました。2社5店舗で店長を歴任したDr.クマが雑誌やサイトで語られない裏情報をご提供。お店や車探しの参考にど~ぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車の鮮度ってあるの?

新車に限って言えばもちろん工場から出てユーザーに届く時間によって鮮度に差は出る。

しかし中古車の鮮度は厳密には計れません。

なぜ~?

 確かに食品なんかだと採れたて出来立て仕入れたて、というように鮮度が重要なものが多いし、そのために偽装とかでいろいろ問題になってるよね。またお酒のように商品化してからでも保存状態によっては熟成して価値が上がるものもあるけど・・・

 ところが中古車の場合はどうなのか?というと・・・

結論はあまり関係ない。

 確かに車屋にも鮮度管理という概念はあるけどそれは在庫管理という経営的な話だからね。なぜかというと実際はこの車の売れない時代、例え入庫したてでもオークションを長いことぐるぐる回っていたり、ヨソで長いこと展示されていたりした車が多いからね。
 では下取りや買い取りたての車ならどうなんでしょう?これも確かに市場には入りたてだけれど、保存状態や使われ方、メンテなど手の入れられ方で傷みや状態は変わってくるし、好条件が全て揃っている車は滅多にないからね。
 個人売買や代行・または整備しない車屋の車を更に整備無しで乗るという、事故や故障のリスクをかなり負うような買い方を敢えてしない限りは、鮮度というよりはいかにメンテされた状態で引渡しや乗り出しをするか?が最重要! 
だから鮮度はあまり関係ないというわけ。

 納車や乗り出し前にどこまで手間やお金をかけて整備するか?またはしてもらうか?がポイントなのである。  

 しかし最初の経営的な話になると、在庫を並べているところは大変である。あくまで車屋側の基準で車屋側の事情だけど、借金をして経営している場合に長期在庫というのは会計上は資産の目減りやら塩漬けにつながるから良くないので、鮮度管理の重要性は出てくる。
 だからと言ってもオークションで無理に回したり叩き売りをしても、大きな損をする、またはそのリスクを生むというこれまた経営上良くない、出口の見つからない状態になってしまうのが関の山という時代なんだけどね。
 でも多くの車屋は大してレアでもない在庫を並べて、もちろんそんなだから何時までも売れなくて、でも経費だけはかさんでいって・・・どんどんどんどん自分の首を絞めていって・・・しまいに悪いことしてみたりとか・・・
 それならまだいいが(良くないか・・)いきなりお店がなくなっていたりとか。まあ車屋に限らず不動産屋とかでも借金で在庫を抱えているところは似たようなものだけどね。(確かに売れるときは売り上げは《儲けではない》大きくできるけどね)
 いづれにしろ消費者側には、そんな維持のための高い経費が余計に載せられていたりすると、デメリットはあってもメリットはひとつもないのにね・・・。
 
 多くの車屋がもうとっくに本気で今後を考えないといけない時期に突入しているはずなのにな~。大丈夫なのかな??・・・いや、どっちにしろもう手遅れか・・・・。




押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

今回はマーケティング業界の話のようだけど中古車業界の未来を予想。

 ただ、これだけ情報網が発達して、全国どこでも即座に情報が共有できる世の中において、車というのは地域が変われば市場も消費者動向も変わってくるという、意外と難しい商材でもあったりする。
 そういう業界なのでハッキリ言ってしまうと全国一律での方向はなく、地域によってまちまちになるんだろうね。

 AIDMAからAISASへなんて全国的な消費者動向の変化もいわれているけれど、地域によって車種やジャンル、サービスのニーズもウォンツもガラッと変わるので、その対応や方向性も地域によって変わるはずなんだよね。 基本的には車という商品特性や物理的理由からエリアが限られるからね。
 
 しかしそもそも勘や時代背景などの運で生き抜いてきて、マーケティングらしいこともほとんどせずに、いいとこブームに乗るくらいしかやってこなかったお店が多いこの業界。ところがこれからは専門性を更に磨き、更なるニッチな市場での勝負を余儀なくされるだろうね。

 するとメーカー資本等の大型店はより総合的なスーパーのようになり(なので品質やサービスは上がるけど価格も上がるだろうね)、小型店はサービス内容も含めてブランド力があったり、よりニッチな市場に対応できる専門店という形になっていきそうだね。
 今でも勢いがあるのは所得の二極化にも後押しされて、超高級車専門店等が顕著だったりするからね。

 じゃあ買う側としてはどうだろうか? 

 目的を絞った買い方はしやすくなるだろうね。今よりもっと細かいニーズにも対応したよりぴったりのお店が出てくるかもね。でも逆に絞らなかったら今より探しにくくなったり買い辛くなったりして・・・



押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

お久しぶりで~す

これだけ情報が発達した世の中でなぜ粗悪な物を扱うお店が生き残れるのか?

それは買う人がいるから?

ある意味正解。

 もちろん商品がかなり割安に見える(本当はそれなりか割高)というのも一因だろう。
でもそれ以外にも理由があるのよね。

50%理論?
 昔から目明き千人目○ら千人 などの言葉があるらしいが、世の中の意見や評判は長期的に見ればほぼ半々というハナシ。
 何かに対して支持もいれば不支持も必ずいるってことだね。自分の意見に賛成の人がいる反面、必ず反対の人もいるでしょ!?

 そういう人間の行動学に加えてもうひとつ重要なことがある。前にも書いたけど車って機械だから予想はできても、正直わからない部分もあるってことね
 粗悪車でも必ず壊れるわけではないってこと。もちろん整備もされてなくても・・・。たまたま大丈夫な車も中にはあったりするんだよね。(もちろん故障リスクはとっても高いよ!)
 あと調子悪い車の判断ラインも人によって違うからね。(気にしない人は気にしない)

 そうすると焼畑農業みたいにテキトーな車をテキトーに売ってテキトーなフォローしかしない商売でも、悪評が高まる一方で好評も存在していたりする。ハズレを引くまではリピートする人がいたりもする。
 たまたま車が壊れなければ安いと思い込まされている分、価格的にはロイヤリティ(お店に対する忠誠心)が高まっていたりするからね~。

 クレームに使うエネルギーが足りないとかもったいないとか考え始めると、価格も上がり普通の商品内容の普通のお店になるところはなるし、サイドビジネスで無茶してお金に困り共倒れで倒産とかはあるけど、相変わらずこんな時代でも強気に攻めているところは攻めているね~。

 消費者センター出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 公取も、出てきたよ! でもそんなの関係ねえ!

 弁護士出てきて訴訟だよ! でもそんなの関係ねえ!


憎まれっ子世にはばかり・・・・フェ~イ!!

押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

こんな話がありました。

彼は車を探していました。いろいろな車屋に行ってました。
(その時は1BOXを探していた)

彼は地元の知人にも話していました。そのうち地元の先輩にある車屋Aを紹介してもらって遊びに行きました。どんなの欲しいのか?と聞かれて彼は黒いある大型セダンを100万位で探していると答えてました。

少しして彼は結局別の車屋で店頭にあった1BOXを買いました。(その当時、車が壊れて車検も切れていたので実は何でもよかったようだ)

しかしその車が納車されて間もなくすると彼に車屋Aから連絡が来ました。(車が入ったから見に来てくれという連絡であろう)ところが断りづらかった彼はバックれていました。すると先輩が彼の家に来て半分拉致のような感じで車屋Aに連れて行かれ、車を見せられました。(もちろん夜)そこで「お前のために仕入れてくれたんだから買うのがスジじゃないのか?」「頼んだからにはスジを通せ!」と言われ(言いがかりだけど・・)、親まで呼び出されて責任を取れと脅されて(囲まれたそうだ、モロ脅迫)その車を買ってしまいました。

1回見せてもらいましたが黒っぽいけど黒ではなく深緑ツートンの車で後ろ半分修理するくらいの大事故車。さらにメーターは7万手前でしたがどう見ても15~20万kmのくたびれた状態(実際走行不明車だった)でした。車が車なので知人等にも売りづらく結局二束三文で処分しました。

大変ですね~

ところで彼らはなぜタコ殴り寸前の脅迫を受けて警察や消費者センターに頼らなかったのだろうか?

この件は巧妙な部分があり、脅していたのが先輩というところがポイント。間に入ってはいるけどお店の人間では無い(紹介料などは貰っていただろうけど)。しかもその先輩はヤクザでもなくただのチンピラだったこと。そうなると組織や団体が関係ないので統率されておらず、逆に警察も逮捕も怖くないので滅茶苦茶でやりたい放題なのだ。

例え警察でその場は何とかなってもその後も長い間全く解決しなかっただろう。法で排除できない連中とつきあってた、ちょっとだらしない彼の不始末を考えて買うという選択で話をつけたのも短時間で解決する賢い手段だったかもしれない。

車屋Aも説明義務は怠っているし勝手に車は仕入れるしとロクなお店じゃないけど暴利というわけではなかった。まあ、そもそもの探している条件に無理があったので予算でいくとこんな車になってしまうのだが・・・

まあこれは極端な例え(実話だけど)だけど

お店選びはしっかりしよう!


押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

直接だから高く買って安く売れる!

ユーザー→→買取店→→→オークション→→→販売店→→ユーザー

ユーザー→→→→→○×グループネットワーク→→→→→ユーザー
    ・10万高い             ・10万安い

上のような図を目にしたことがある人も多いと思うけど・・・
中間マージンがかからない!(笑)・・みたいな。

でもこれ、基本的にはでたらめよん

全くのウソ

なんでかっていうと前回も書いた通り、買取の仕組みはどこも基本的に同じだから!

まず「10万円安い」だけどよっぽど売り急ぎたい理由がある車でない限り、仮に10万安く仕入れていても販売相場を10万円も割ってまで売ることは、健全な中古車で健全経営をしている企業であれば考えられない。10万円稼ぐのは今日のまともな車屋では大変なことだからね。

次に「10万円高い」も買取車を全部自社で小売する会社はほぼ無いので、必ず「10万円高い」ということはありえないのだ。


では  真実の買取の仕組み(ちょっと見づらいかもしれないけど)
  

超レア車(旧車・外車)          │     相場が無いに等しい。逆に、
超改造車             ─────+─→バックオーダーが無いと値の
・・のバックオーダー有          │    付けようがない。
                        │
                        │
展示場有の店で・・            │ でもオークションより高いと意味
自社で販売できそうな車   ────→│ が無いのでこのラインよりは上が
すぐ並べられる状態           │ らない。
                        │
                        │
展示場なしの店               │ 事故・改造・走行不明などの状態
又は展示場有でも・・     ──→┃●│ や年式・車種・距離が自社と合わ
自社で販売できない車          ↓│ ない場合。(新し過ぎ・古過ぎ・
                        ↓│ 良すぎ・悪すぎ)
         オークション経費+利益│           
                        │
                        ↓
                   オークション相場価格A
                    (基準となる数字)

ではどこで実際変わってくるの??

それは相場価格Aの読みである

膨大なデータがあろうがなかろうが基準となるオークション相場を読むというのは、仮にコンピューターなどを使ってもあくまで予想であり、勘と経験が要求される。
言ってしまうとお店の勘次第ということ。

つまり勘で基準を上げているお店がいい値段を出すってこと

しかし相場が存在する車の場合、そんなに大きく変わることはないかな?

1万でも高く売りたければ早く売却を決める!早く車を出す!早く書類を揃える!これが決め手!!

下取りの場合は前回の通り、新車ディーラーは注意が必要だけど新車でも中古車でも乗換えだと売る方か買う方どちらかで少しは得できると思うよ。(もちろん例外はあるよ)


押してちょーだい♪→
わお!今月まだ全然書いてなかった・・・

買取ってどこが高いの?

最初に極論を言ってしまうと個人売買なんだけど、個人売買の項目でも書いた通り問題やリスクも多い
どうしてもと言う場合でも、普通の買取で値段は付かないが車検も残っていて、使用上問題がないという車を数万円くらいで販売すると言うような場合に限った方が無難だろう。

ではお店に売る場合はどうなの?

新車ディーラー・買取店・中古車店・代行屋さん、各々やり方が違うようにも見えるけど・・・

まず買取店。いわずと知れた業者用オークションの相場を基に値付けされる
この業界も非常に成熟しきってしまっていて競争が激しいので、最初からかなりいい数字を言ってくる。
その代わりに粘ってもほとんど上がらない。何件回っても同じ。
しかしあまり損をすることなく(得もしないが)ほぼ最良の価格で売ることができる。

次に代行屋さん。基本的には同じ。
だけど希望価格に達しないで何度も出品してるとその分の経費がかさんで損するかも。

続いて中古車店。これも基本的には同じ。
何故か?それはどれもオークション相場を基にしているから
下取りだと若干プラスがあるかも知れないな。

最後に新車ディーラー。ここも最近はオークション相場を基にするところが増えたね。
ただしひとつ注意が必要。下取り(乗り換え)で話をしていると、どう頑張っても商品価値0の車に数十万円、値段が付くものでも2~30万UPの値段が出てきたりもする。
これは新車の大幅値引きや対策費用が混ざってしまうから。
売るだけだといくらになるのかを必ず聞いてね
純粋な買取価格を知らないと、逆に割高なままの状態の新車をまんまと買う羽目になっちゃうよ。トータルで考えてね。


次回は「直接だから高く買って安く売れる!」は実は全くのウソ!


押してちょーだい♪→

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。